wafuについて

-wafuの思い-

Wafuの仕事

wafuは洋服を仕立てています。

洋服イメージをデザインし、型紙を引いて「カタチ」にしていきます。
縫製職人の手で試作、調整を行い完成品が店頭に並びます。
職人一人で一着づつ縫い上げるスタイルで最後まで責任をもって仕立てます。
クチュールような注文服製作に近いものだと思っていただければと思います。
祖父が縫製業を始め60年以上、時代を超えて家業を続けてきました。
多くの知恵と経験、技術がここに宿っています。
その全てを洋服に注ぎ込みます。

Wafuの仕事

素材選びについて


Wafuの仕事

リネン(麻)、綿、絹、ウール、などの天然素材を中心に質の高い素材で商品を展開していきます。
私達の素材選びのポイントは手触りのよいものが基本。 
素肌一枚でも着られることを想像して選びます。
多くの作品をリネンで製作しています。リネンの取り扱いは専門と言っても過言でございません。
カラーの豊富さや生地の厚みも多様にご用意しております。
春夏秋冬問わずお召し頂ける そんなリネンの取り扱いは当店の特長でもあります。  

リネン(麻)は最初お召いただく度に表情が変わります。 
着ていく中で生地が柔らかくなり体に馴染み、自分の体にあったシワや風合いが「味」になります。
その「味」を長く楽しんでほしいから縫製もしっかりとさせていただいております。

Wafuの仕事

手仕事という選択


今日の一日、肌に触れているものだから、手の温かみや思いのある洋服を届けたい。
思いが通じるかは一方的で分かりません。
しかしながら感じてもらえるよう努力を惜しみません。
wafuの仕事は作品到着後、封を開ける瞬間から始まっています。
手仕事の魅力を感じていただけたら、本望でございます。

技術の伝承と師


「教えていただく」という謙虚な気持ちを大切に伝わっていくものがあります。
職人の高い技術を目の当たりにして、どれほどの歳月をかけて習得したのだろうと。
一流の職人さんは人の何倍も場数を踏んでいます。そこに近道はありません。
手際、加減、指先の動きまるでピアニストのような流れる動きがそこにはあります。
現在は人材育成にも力を入れております。
中には全く縫製経験のなかった職人もおります。
wafuは情熱や夢を感じさせてくれるそんな人ならば資格があります。
年齢、性別、国籍そんなものはボーダーレスです。
思いが込められる縫い人になれるように。

経緯と挑戦


以前私はセレクトショップで洋服の販売をしておりました。
洋服が出来るまでのいろんな業種をみてきました。
多くの方に出会い、そして自分で服が作りたいと思いました。
家業が縫製業だったのはその為の道のりだったのかもしれません。
現在日本で流通している洋服の日本製はわずか3%しかございません。
97%は海外製品です。
それだけ本格的な作り手も減ってるんですね。
業界の高齢化や担い手不足、 取り巻く環境は深刻です。 どこまでできるか、まずはやってみます。


代表 綿貫陽介


オープン予定のカフェとwafu本社。





会員様情報

ショップメニュー

保有ポイント:__MEMBER_HOLDINGPOINT__ポイント
会員ランク:__MEMBER_RANK_NAME__
あと__MEMBER_RANK_NPRC__以上の
お買い物でランクアップ!
あと__MEMBER_RANK_NCNT__の購入でランクアップ!

  • バイヤー様へ

.
.

カレンダー
  • 今日
  • 休日
  • 臨時休業

土曜日、祝日は営業していることもございます。

ページトップへ