宿す。

まだまだ暑いですが結構耐えれるような気候になっていました。

昨日は、わざわざ立ち食い蕎麦を食べに駅まで行き290円の冷やし蕎麦とかき揚げでいただきました。

車で行ったので駐車料金を払ってまでいくという、VIPのような気持ちを味わいました。

 

さて、近所に面白い人がおりましてね。

油絵をやっている小山さんと言うのですが

息子同然な年齢の僕に敬語で話してくれていつも笑っている。

新聞配達をしながら今を楽しんでいるという。

スタジオに遊びに来てくれてシャツをオーダーしたいといい、先日仕立てて家まで届けたのですが、

 

そこがなんともかっこいい。

 

初めて画家の部屋というものを見た。

 

くしゃっと置かれている絵具チューブ、葛藤が伺える筆の数。はは~、乱雑がなんとも絵になる。

 

ふと気づいたんですが小山さん、人間が手を横にして立っている十字架のような絵が多い。

 

これどうしてですかって聞いたら、懺悔の意味もある。といつもと違う表情。

 

いろいろと背負ってるんだと感じました。

 

いつもは笑顔の小山さんは絵に気持ちをのせてるのか、その表現の場として絵があるんだ。と

 

 

物に宿る。人は物に気持ちを宿したくなるものかもしれない。

 

僕らは服に宿す。

 

小山さんがオーダーしたのは白のスタンドカラーシャツ。

普段白を着てるのを見たことがないから以外だったが

また小銭を貯めてオーダーしたいと言ってくれた。

ありったけの気持ちをのせて作ります。

 

 

文・綿貫陽介

ホームページ

インスタグラム